Programmatic Billing Accessを使ってみる

今回はAWSのBilling(請求書)に対して、プログラムからアクセスする方法を紹介します。

AWSのBillingの情報が含まれたCSVファイルが、ユーザーが指定したS3 bucketに出力されます。そのCSVファイルをS3から取得して、中身の情報を確認するという方法です。
f:id:kenjifunasaki:20121226180005p:plain

これを実現するには、事前準備が必要です。その方法が以下です。

1.AWSアカウントのページにて、Billing Preferenceを選択します。
f:id:kenjifunasaki:20121226171551p:plain
2.以下のページにて、まずはMonthly Reportを有効化します。
f:id:kenjifunasaki:20121226171647p:plain
有効化されると、以下のようになります。
f:id:kenjifunasaki:20121226181045p:plain
3.次にProgrammatic Billing Accessを有効にします。
※Monthly Reportを有効にしてからでないと、Programmatic Billing Accessを有効化できません。有効化すると、以下のようにBilling CSV Reportを保存する先のバケットを指定することになります。バケット名を入力した後、Sample Policyを選択します。
f:id:kenjifunasaki:20121226172554p:plain
すると、以下のようなPolicyの設定(JSON形式)が出てきます。
f:id:kenjifunasaki:20121226172828p:plain
こちらをコピーして、S3のbucket Policyに入力します。
f:id:kenjifunasaki:20121226180846p:plain
f:id:kenjifunasaki:20121226173030p:plain
Bucket Policyを入力完了後、Programmatic Billing Accessの画面に戻って、変更を保存ボタンをクリックします。
f:id:kenjifunasaki:20121226173615p:plain
S3 bucketへの書き込みが問題なく出来るようであれば、以下のような画面が表示され、設定成功です。
f:id:kenjifunasaki:20121226173704p:plain
指定したS3 bucketの中身を確認してみると、以下のようなオブジェクトが書き込まれているのがわかります。
f:id:kenjifunasaki:20121226173755p:plain
test objectの中身は、ちなみに「test」です。4byteのテキストファイルです。

これでProgrammatic Billing Access の事前準備は完了です。

問題なければ、これでCSV の Reportがアップされてくるはずです。

およそ1日経過後に、該当するS3のバケットを確認してみると、以下のようにCSVファイルがアップされていました。
f:id:kenjifunasaki:20121227135241p:plain

この中身を確認すれば、何のサービスにどれくらい課金があったのか分かります。

その中身の項目についての確認方法は、こちらで。