GitマスターサーバをAmazon Linuxにインストールしてみる

Gitマスターサーバにgitをインストールする。

$ sudo yum install git git-all git-daemon
$ git --version
git version 1.7.4.5

xinetdを使ってgitサーバを起動する

sudo /etc/init.d/xinetd start

gitの設定ファイルでdisable = no に変更

sudo vi /etc/xinedt.d/git
# default: off
# description: The git damon allows git repositories to be exported using \
#       the git:// protocol.

service git
{
        disable         = no
        socket_type     = stream
        wait            = no
        user            = nobody
        server          = /usr/libexec/git-core/git-daemon
        server_args     = --base-path=/var/lib/git --export-all --user-path=publ
ic_git --syslog --inetd --verbose
        log_on_failure  += USERID
}

xinetdをrestartする。

sudo /etc/init.d/xinetd restart

リポジトリを作成する。

cd /var/lib/git
sudo mkdir test
cd test
sudo git --bare init --shared
sudo chmod 777 -R test

次にリモートのGitクライアントの設定
Gitをインストールする。

sudo yum install git

サンプルテキストの作成

mkdir ~/test
cd ~/test
vi test.txt
aiueo

作成したテキストをcommitする

git init
git add .
git commit -m "First Commit"

リモートのGitマスターサーバに接続するためのSSHの設定をする

vi ~/.ssh/config
Host ec2-xx-xx-xx-xx.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com
User ec2-user
IdentityFile ~/.ssh/xxxxxx.pem
sudo chmod 600 /home/ec2-user/.ssh/config
sudo chmod 600 /home/ec2-user/.ssh/xxxxxx.pem

リモートのマスターを追加する

$ git remote add origin ssh://ec2-user@ec2-xx-xx-xx-xx.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com/var/lib/git/test

リモートのマスターのリポジトリにpushする。

$ git push origin master

これで、マスター側の該当ディレクトリを見ると

$ ls -F
branches/  config*  description*  HEAD*  hooks/  info/  objects/  refs/

branchesディレクトリ等いろいろできている。

まだ確認できることはありそうだけど、今回はここまで。