AWS Toolkit for Eclipseをインストールする

AWS Toolkit for Eclipseをインストールしてみる。
これを使うと、以下のサービスを使った開発が効率化される。

  • Amazon EC2 Management
  • Amazon RDS Management
  • Amazon SimpleDB Management
  • AWS Elastic Beanstalk
  • AWS Simple Workflow Tools

今回はEclipse 4.2 juno を使用。
Eclipseのメニューで Help → Install New Software を選択。
以下のサイトを追加する。
http://aws.amazon.com/eclipse/
すると、下記のようなツール群が表示される。
f:id:kenjifunasaki:20120919180348p:plain
これらをすべて選択してインストールする。
すると、EclipseのメニューにAWSのマークが表示される。
f:id:kenjifunasaki:20120919180847p:plain
メニュー上のPreferencesを選択して、AWSアカウントのアクセスキーとシークレットアクセスキーを設定する。
f:id:kenjifunasaki:20120919181111p:plain
以上でインストール、設定は完了!
EclipseからElastic Beanstalkなどのサービスと連携して開発ができるようになります。